很有JQ的大導對談 ()

 

asahi.com 200708231625
http://www.asahi.com/culture/movie/TKY200708230217.html

 

 三池崇史とクエンティン・タランティーノ。ともに暴力とセックスとユーモアを盛った、パワフルな映像が支持されている映画監督だ。8月末開幕のイタリア・ベネチア映画祭でコンペ部門に参加する三池監督の新作「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」にはタランティーノがガンマン役で出演。日米の映画シーンを引っ張る40代の2人に聞いた。

 

 ――出会いは3年前のベネチア映画祭。縁のある場に「共演作」を持ち込む。出演のいきさつは。

 

 タランティーノ(以下QT) ミイケから心のこもった手紙をもらって。この映画にどれほどの思いを込めているか、こいつは自分の子供なんだ――と書いてあった。その役が西部劇のガンマン。撮影中、人生でこれほど幸せな時はないと思う瞬間があった。自分が役柄を演じてるのか、このガンマンが自分なのか、なりきってしまって、衣装を脱ぎたくなくなった。

 

 三池 タランティーノ出演というのは僕らの夢。映画は人に夢を与えるもの。自分の夢をかなえる力を持たない人は他人に夢を与えられない。いい外国映画を見た。じゃあカメラマンを日本に呼んで一緒に撮ろう――。そういう発想は日本にまず、ない。あるものの中から消去法で決めていくやり方を、自分で崩さなきゃいけないと思った。この映画を見た次の世代の人たちは「本当に欲しいものなら交渉してみよう」と考えるでしょう。

 

 ――お互いを、どう見ていますか。

 

 三池 才能ある人間が行動すれば何かが手に入る。本当はそううまくはいかないけれど、まれに実現してしまう人がいる。それがクエンティン。彼のデビュー作「レザボア・ドッグス」の製作費は、親類から金を集めれば誰でも撮れる程度。でも絶対に撮れない。あの作品は映画人みんなに突きつけた。「環境じゃなくてあなたの問題だ」と。

 

 QT ミイケは米国の監督たちのアイドル。「あの監督、日本であんな映画作ってるよ」「すごいな。好き勝手やって」「おれたちも好き勝手やらせてもらおうじゃないか」と。みんなが勇気づけられた。

 

 ――共通点を挙げるなら。

 

 三池 ずいぶん違う。僕は助監督から始めたけれど、監督を志したんじゃない。流れで監督になって、仕事としてやっている。クエンティンは何かを表現するため監督になった。

 

 QT 違うからこそ引かれ合う。エネルギーのありかたも考え方も全部違う。

 

 三池 あ、共通点があった。2人とも栗山千明ファン。クエンティンが監督した「キル・ビル」で彼女が演じた「ゴーゴー夕張」が鉄球をけるシーンは、すごくきれいで衝撃的だった。

 

 QT 絶対おかしくないものを笑えるものにしてみせる点も共通する。バイオレンスを究極のものにすると、見る側は思わず笑ってしまう。痛そうで、見ていてつらいし、救いがないのに、なぜかふっと笑う。

 

 ――暴力やセックスをありのままに描写する点も。

 

 三池 人間はセックスがもとで生まれてくるわけだし、バイオレンスも人間の性(さが)。それを無いことにして弱さとか優しさで観客を泣かせる方が、よっぽど「暴力的」な映画を見ている気分になってくる。

 

 つぶす映像が欲しければつぶす。切りたいなら切る。切ったら飛んでいく。指が飛んでコップにポチョンと落ちて、ゆらゆら沈んでいく様は笑える。僕はバイオレンスを撮ろうとしているわけじゃなくて、隠そうとしていないだけ。

 

 QT 映画の暴力が問題になるのは劇場公開する時だけ。「キル・ビル」はいい例で、みんなが「とんでもない映画だ」って言っていたのに、公開後にDVDになったら、五つや六つの子供でも見ている。

 

 三池 暴力場面を演じる者同士は、お互いを大事に思って、けがをさせないようにする。殴るにしても各人の運動神経のぎりぎりの線を狙う。相手を理解していないと壊れちゃうから。すごく愛情がないとバイオレンスシーンは生まれない。誰かが好きだから他人ともめるし、誰かを守りたいという愛情があるから、誰かとぶつかる。愛は平和をもたらすのではなく、諍(いさか)いを生むともいえる。

 

   *

 

 Quentin Tarantino 63年、米国テネシー州生まれ。ビデオショップ店員などを経て91年の「レザボア・ドッグス」で監督デビュー。「パルプ・フィクション」でカンヌ映画祭最高賞。最新作は9月1日公開の「デス・プルーフ」。

 

   *

 

 みいけ・たかし 60年、大阪府生まれ。現在の日本映画学校を出て、今村昌平監督らの現場入り。91年に初監督。多作で知られ、人気コミックを映画化した「クローズZERO」は10月公開。近く「ヤッターマン」実写版も撮る。

 

Shin77 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()